「ほっ」と。キャンペーン

ぼちぼちつぶやきます。


by hanabusa-yoshi
カレンダー

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

先日、今年初めての写真部に行って来ました。
寒さに怠けて、ここ数ヶ月まったく活動をしてなかったワタクシ。
まだまだ寒いニューイングランド地方ですが、なんとなく春の息吹を感じて、写真でも撮るかと重い腰を上げました。

行った先は、ハーバード大学付属の自然史博物館。
f0115921_12255437.jpg

似たようなレンガ造りの建物がとにかくたくさんあって、どこが入り口だかわからず、みんなで右往左往。
人に聞くも、いまいちはっきりせず、美術館の方に聞いてやっとこさ入り口にたどり着きました。

f0115921_12273630.jpg

ここの博物館で有名なのは、ガラスで作られた植物標本たち。
見た目にも自然な感じで、言われないとガラスだとは気が付かない。
本物の植物なら、時間と共に風化するけど、ガラスなら半永久的だものね、妙に納得。

f0115921_12293811.jpg

f0115921_1230045.jpg

化石や剥製の数がとにかくすごい。
入り口からは想像できない充実さ。
動物好きの私としては中々楽しいところです。

だがしかし、だがしかし、ものすごく暗い!
楽しいのだけど、写真を撮るには暗すぎる・・・。
みんなで、ココ写真に撮るの向いてないねーと言い合っておりました。

あぁハーバードってとにかくすごいなぁと今回も思い知らされました。
よくわからないけど、最高学府でありながら、その資金力も最高なんではないかと、思う今日この頃。

お子様連れの家族もいっぱい見学に来てました。
動物好きのお子さんならここ好きかも~。

さて、次回の写真部はどこにいきませう。
久しぶりに、歩きまくって撮りまくる、というのをやってみたいかも。
[PR]
by hanabusa-yoshi | 2008-02-28 12:38 | ボストン写真部

雪&編み物

今月になって、暖かい日も多かったんだけど、久々に雪が積もりました。
f0115921_113064.jpg

ボストンも、昔の話しなどを聞いてると、今よりもっと雪も多かったし、寒かったそうで温暖化の影響なのか、最近は暖冬続きみたい。
気温もマイナス10度を下回るなんて日は、そうそうないけれど昔はすごかったんだろうな。
それでも、私には今でも充分に寒いんだけどね。

f0115921_11342072.jpgそしてココ最近は引きこもりでずっと編み物してました。
編み物は私が唯一できるクラフトです(^_^;)

出来上がったのはこちらの大判ストールです。
昔は棒編みをやってたんだけど、最近はひたすらかぎ編み。
かぎ編みのほうが、いろいろとモチーフを作ったり模様編みをやったりと、私には楽しいです。

この間、クラフトショップに行って、たくさん毛糸を買ってきたので、しばらくは編み物にはまりそう。
もう暦の上では春だけど、5月くらいまでは寒い日があるボストンでは、毛糸物はまだまだ活躍しそうです。

モチーフ編みのスカート作りたいんだけど、どうしよっかなぁ。
[PR]
by hanabusa-yoshi | 2008-02-25 11:40 | ふつうのまいにち

皆既月食

f0115921_562136.jpg

2月20日のアメリカ東部時間10時半ごろに皆既月食がありました。
知らなかったんだけど、ちょうど外出していて、夫の友達からの電話で知りました。

駅で電車待ってたんだけど、月好きな私としては、コレは見なければなるまい!と思い、わざわざ駅から降りて空を見上げました。
完全に地球の陰に隠れた月は、赤く神秘的な色をしてました。
月が明るくて普段は見れない土星なんかも見えて、綺麗でしたわ~。

この日は急に冷え込んだ日で、気温もマイナス5度くらい。
いやぁさむかった!
写真も中々うまく撮れず、結局帰ってから夫が三脚を取りだしたので、写真は彼にお任せでした。

月食があるなんて全然知らなかったけど、偶然にも見られて本当に嬉しかった☆
外に出かけるとき、今日の満月はやたらに綺麗だなーと思ったのは、月食のせいかもしれませんね。

次回は2010年だそうで、そのとき私は一体どこにいるんでしょうか?(笑)
[PR]
by hanabusa-yoshi | 2008-02-23 05:19 | 今日の出来事・イベント

kamadaの醤油

f0115921_1015629.jpg
アメリカでの買える、おいしいお醤油をお友達に教わったので、ご紹介☆

←KAMADA Foos だし醤油、ポン酢、サラダ醤油です。

この会社は、3年前くらいにアメリカに進出したみたいで通販のみの販売だそうです。


お友達にだし醤油をもらって使ってみたら、コレがおいしい!
納豆にも使えるし、お豆腐にも焼き魚にもあって、中々重宝しました。

大事に使ってたんだけど(笑)使い切ってしまったので、自分でも注文してみました。
頼んだのは、この写真にある3種類がセットになっているギフトセットを2つ、サイトから注文しました。
送料がかかるので、お友達とかと一緒に頼んでも良いかもしれないですね。
配送も発送から到着まで2日くらいだし、発送時にはちゃんと伝票番号を教えてくれたので、Fed Ex Expressのサイトで荷物を追跡できます。

一つ一つのパックが200mlと小さいので、1セットは一家族で使える量だと思います。
ポン酢もサラダ醤油もおいしかったですよ~(^^♪
サラダ醤油はノンオイルだから、ヘルシーだし!
サイトに、レシピ集もあって色んな料理に使えそう。

他にも讃岐うどんとか、おそばとかもあります。
おいしいおそばってあんまり売ってないから、今度は頼んでみようかな。

こういう日本のおいしいものがこちらにもあると、ほんと助かります。

サイトはこちら http://www.kamadafoods.com/japanese/index.html

<住所>
800 118th Ave NE, Suite D
Bellevue, WA 98005 U.S.A.
Toll-Free: 1-877-722-5769 (PACKSOY)
[PR]
by hanabusa-yoshi | 2008-02-20 10:20 | boston

テーブルコーディネート

f0115921_11131271.jpg

ボストンの日本人奥様の間で今人気の(?)テーブルコーディネートを習いました。
もう一ヶ月くらい前になるんだけどUPしまーす。

こういうのを習うのは初めて。
大学でやったのは確か、会席料理かなんかでものすごく複雑なのと、作法がいっぱいあって、全然覚えてない(^_^;)
箸の持ち方から、おわんの蓋の取り方、そして置き方なんてのまであったなぁ。

今回は洋食のコーディネートで、日本に買えるまでに洋食器を買いたかったので、その参考にもなりました♪

こちらは料理をあまりしないというか、手をかけないみたいなんだけど、その代わりテーブルコーディネートのものは、本当にたくさん売ってるし、日本では見かけないのもあるので、結構面白い。
お皿の種類は多くそろえられないけど、コーディネートのテーマなどで、テーブルクロスとかナフキンとかで演出すると聞いて、なるほどなぁと思ってみたり。

料理のおいしさはもちろんだけど、こうしてきちんと食事を演出してあげることで、目も楽しめるし、雰囲気も味わえて食事が楽しくなりそう。

先生が作ってくれたランチもおいしくて、家ではほとんど和食中心なんだけど、たまにはフレンチとか本格イタリアンとか挑戦してみてもいいかなぁ。

まずは食器のセットを買わないと!
しかも、うちのダイニングテーブルは狭いから、広いテーブルもいるかも!(笑)

しかし、こういうのをステキに写真を撮るのは難しい・・・・。
後何回か教えてもらうので、ついでに写真の構図なども勉強しようと思います。

f0115921_11251332.jpg

[PR]
by hanabusa-yoshi | 2008-02-19 11:35 | boston
ネットで話題になっている、日本に長くいた外国人が書いたものです。
こちらからの転載

なかなか気持ちが和んだので、ご紹介。
赤字で書いてあるのは、私の感想です。
コレを見て、日本にいる外人の方も苦労してるんだなぁと思ったし、日本って平和なんだと思いました。
f0115921_821188.jpg


外国人が…
日本に長く居すぎた…と実感するとき

1.山手線のホームで人波を左右に押し分けながらかいくぐり、電車に飛び乗り、ドアが閉まらないように手で押さえ、その間にかばんを電車に引っ張りこむ。その理由が、少なくともあと2分は電車が来ないためだとわかっているとき
これは日本人でも難易度高いなぁ(笑) ボストンは電車が発達してる方だと思うけど、時刻表はないし、電車も普通に遅れます。逆にちゃんと時間通り来る日本てすごいと思う。
2.ビルディングのような単語がいったい何音節あるかと思い悩むとき
(英語ではBuildingが「Build+ing」の2音節であるのに対して、日本語は「ビ・ル・ディ・ン・グ」の5音節であることから)
これは英語が分からない私からすると理解できないんだけど、この音節が違うから英語の発音って日本人には難しいのかしら?
3.自動販売機で、何のためらいもなく紙幣を入れるとき
(海外の自動販売機はお釣りがきっちり出てくる可能性は10分の1以下で、壊れている可能性は何十倍もあることから勇気がいる)
これは本当にそうだと思う(笑)っていうか、こっちの自動販売機っておつりが出ないものだと思ってたけど。ま、銀行のATMでさえお金が出てこないときもあるし。
4.外国人が電車に乗っているのを見て、「わおっ、ガイジンがいるっ」と思うとき
お前も外人だー(笑)
5.初めてのスキーで、新品のロシニョールの高性能なスキー板を持ち、エアロダイナミックスなスキーウェアとそれに色のマッチしたゴーグルを装着して登場し、雪かきをしながら転げ落ちていくとき
6.選挙車のスピーカーから騒音・爆音をたれ流されても、「ショーガナイ」と思うとき
(欧米ではあれほどの騒音は違法なところが大半)
7.テレビ番組で一番いいのはコマーシャルだなと思うとき
8.抹茶アイスも悪くないなと思うようになったとき
9.信号の色のことで青か緑か揉めはじめ、あれは青だと思い始めるとき
(日本人は青と緑の区別がつかないと思っている人もいる)
10.写真撮影のときにピースサインをしてるとき
(日本人だけが老若男女でやけに好むポーズ) これは恥ずかしいかもしれないので、アメリカではやめようと思います(笑)
11.ガソリンスタンドで車から降りもせず、集団で押し寄せてくる店員がフロントガラスを拭いているのを、当然のことのようにただ待っているとき
アメリカのガソリンスタンドはセルフがほとんどだもんね。日本のサービスってすごい。
12.自分の国に帰ってから、みんなと飲みに行って、全員のビールを注ぎ始めるとき
(ビールを注いであげるなんてことはない)
13.家が10平方メートルでも広いと思うとき
(ほっとけ)
14.会社の窓の外の景色が「一面コンクリートだらけ!」の代わりに、「意外と緑もある」とか思いはじめるとき
15.鳥は なく "cry"ものだと思うとき
(英語では鳥は うたう "sing") なるほど!
16.電話中にお辞儀している自分に気付くとき こんな外人嫌だ(笑)
17.自分の国に帰って、喫茶店で「アメリカン・コーヒー」を注文してしまうとき
やっぱり、アメリカのコーヒーより日本の方がコーヒー濃いよね。
18.母国の両親と電話中に父親に「どうしてぶつぶつと文句でこちらの話しをさえぎるのかね」と言われるとき
(日本人は相手の話しが終る前に話し始めることで有名)
これは多分、話しにかぶせるんじゃなくて、合間に入れる相槌のことを言ってるんだと思うんだけど。英語って相槌いれないもんね?
19.母親と電話でしゃべっていると、「ゲンキってどういう意味?」と聞かれるとき
(電話でゲンキと返事する癖がついてしまっている)
20.トラックがバックするときに、童謡を流していてもおかしいと思わないとき
21.ビアガーデンが屋上にあっても不思議に思わなくなるとき
(海外ではガーデンと呼ぶくらいなので本当の庭でやります)
22.バドワイザーを飲んでいると外国人受けがいいんじゃないかと思うとき
(外国のビールも飲んでるよーと嬉しそうに強調しにくる日本人が多いらしい)
23.英文学専攻がバカ女を形容するときのオブラートに包んだ言い方だと思うとき
(英文学というと欧米ではシェークスピアなどの古典にも強く才女のイメージであるが、こちらで英文学科というとシェークスピアの一節も言える女が居ないらしい)
24.納豆の美しい食べ方をマスターしたとき どんな食べ方だろう
25.缶コーヒーがおいしいと思い始めるとき 確かに缶コーヒーってない!26.車の最初のオプションがTVセットでも不思議に思わないとき
27.夏に半そでを着始める日付が決まってると思うとき 
衣替えねぇ、確かにちょっと面白い風習かも。
28.赤の反対は白なんだと思うとき 紅白歌合戦とか?
29.高級なウィスキーのボトルを安っぽいバーテンダー相手にキープして帰っても心配しなくなるとき
30.デザートだのフルーツだの独創的過ぎるものが、ランチのサンドイッチに入っていても別段驚かないとき
たまに、フルーツサンドイッチ食べたくなります。この間の日本への帰国のとき、銀座の木村屋で食べました(私って日本人!)
31.大事な年を平成や昭和の年号で覚え始めるとき
32.握手とお辞儀を同時にする芸術をマスターしたとき 芸術・・・(笑)
33.人の家の玄関に頭だけ入れて留守かどうか確かめても大丈夫だと思うとき
うーん、今でもやるんだろうか・・・・
34.医者から処方箋をもらうとき「これが白い錠剤、こちらが青い錠剤、これはピンクの粉末剤」と言う説明でもなんら不満に思わないとき
35.バーモントカレーという存在のコンセプトに疑問を抱かなくなったとき
バーモントというところがアメリカにあるけど、そことは関係ないのよね?
36.どうでもよい商品に4重の包装紙が当たり前だと思うようになったとき
過剰包装日本!(今はあんまりやらないかな?)
37.電車の同じ車両に外人数人で乗車すると調和がくずれるために落ち着かない気分になるとき
38.外国人の友人に必ず「日本滞在年数」を尋ねて種類分けし始めるとき
39.田んぼに囲まれた全く何もないとてつもないへんぴな場所で、飲み物の自販機を見つけても驚かず、電源がどこからきているのかも不思議に思わず、そのぽつんとした自販機がコーラを買ったあとにお礼を言ってくれることにも何も思わなくなったとき
(海外で人気のない場所の自販機は盗難にあって当然) 欧米ではありえないでしょうね。
40.米の銘柄によって味が違うとか思い始めるとき
41.JRやタクシー会社に27本ほど寄付したあとでも、まだ玄関には透明傘が溢れかえってるとき
寄付って、忘れ物のことね。私はこちらで雨が降っても傘をささない人が多いのにビックリしました。
42.同方向に走る2車線道路では、左側は駐車場だと思うとき
43.ジューシーな最高の豚カツに一番合うのは、味もない千切りになった生のキャベツの山だと思い始めるとき
44.10月に半そでを着ている外人に向かって「寒くないの?」と聞き始めるとき
あはははは!ほんと、寒くないのかしらね~。
45.「ノー」を伝えるとき、鼻の上で手を左右に振るとき
46.店でクリスマスソングを聞いてもセンチメンタルな気分にならないとき
47.趣味は「ドライブ」と言い始めるとき
48.濡れた傘には店の入り口で配布しているコンドームが必要だと思うとき
49.12月の日曜日は全て忘年会の二日酔いの回復のために用意されていると思うとき
50.クリスマスイブにケーキを買い始めるようになったとき
(欧米ではケーキではなくクリスマス・プディングが主流) 日本のクリスマスとは基本的に全然違うしね。
51.吐くまで飲むのを楽しむとき 酔っ払い天国日本!
52.胸の谷間を見て、うわっとか思うとき
こっちの方が谷間すごいじゃん!と思ったけど、日本ではあまりお目にかかれないからなのね。
53.お昼の弁当は昨日の残りで、器がハローキティでも普通と思うとき
54.ビール1缶の値段が1ケースの値段と同じことがあっても不思議に思わないとき
(初めて知らない飲み屋に行くとショックを受けるのだと思われます)
ビールって海外安いもんね。
55.一つの会話につき3回ずつ謝罪している自分に気付くとき
56.どんな小さな行為でも「がんばる」とか言い出すとき
57.片手チョップスタイルと連続お辞儀が混雑を通り抜ける手段だと思い始めるとき
58.買い物している間の30分間、車のエンジンをつけっぱなしにし始めるとき
そうなんだ~、しらなかった。
59.外人の知り合いにまで血液型を聞き出すとき 血液型、話題になるね~。
60.「英語」と「英会話」の細かい差を見出すとき
61.自国に帰ったときにタクシーのドアが開くまで待ってしまうとき
海外では、自分でドアを開けます。
62.阪神タイガースの試合チケットを買って六甲おろしの練習をするとき
63.外人だけが集まるパーティで、誰かが乾杯を言うのを待ってしまうとき
64.本屋に雑誌を読むために行き、読むだけ読んだら棚に戻しても疑問に思わないとき
(海外の本屋は買うところで、立ち読みし放題ということがないのが普通)
アメリカだと、立ち読みし放題だよね。読み終わったあと、本は元に戻さないけど。
65.1個だけの袋詰めされたジャガイモを買い始めたとき
66.旅行のスーツケースの半分をお土産のスペースに使い始めるとき
67.外人がいっぱいのバーに行って危険を感じるとき
68.単語にアンダーラインを引くのに定規を出すとき
69.日本の何もかもがノーマルに思えるとき
日本人だって、すべてをノーマルだとは思えないぞ(笑)

賛否両論あると思いますが、私は中々良く出来てるなと思います(何項目か、は?と思うのもありますが)
日本人が海外に長く居すぎた時っていう逆バージョンも、見てみたい気がします。
[PR]
by hanabusa-yoshi | 2008-02-17 05:27 | はなぶさ的

ひさびさ写真部

写真部、冬眠してましたが、来週から活動を再開しようと思います!

2月19日火曜日、午後から写真部を開催します。


写真部もおかげさまで、10人近くの方が参加されています。
写真好きという共通の趣味があるおかげか、写真部以外でも仲良くさせてもらっています☆

活動はゆるゆるやってますので、途中で参加するのも帰るのも自由です。

ではでは、よろしくお願いしまーす♪
[PR]
by hanabusa-yoshi | 2008-02-14 12:56 | ボストン写真部

宗教

宗教のことを書こうと思うんだけど、昔サービス業の時、お客さまと野球と宗教の話はしちゃだめだと、上司に言われたのを思い出します(笑)

他の地域もそうかもしれないけど、ボストンは教会がいっぱいあります。
それこそ、いたるところで目にします。

もともと、清教徒の人たちがアメリカのボストンに移住してきたので、そういう宗教色は強いのかなぁと思うけど。

アメリカは多民族国家なので、それこそ色々な宗教を信仰している人に出会います。
キリスト教やユダヤ教、イスラム教の人たちもいます(他にもたくさんある)
服装や食べ物なんかもそれぞれ違うし、暦も違うので、新年も違います。
周りの話しを聞いてると、宗教によってこんなに違うのかと、驚きます。

そして、日本よりももっと政治なんかも含めて、宗教が影響している気がします。
大統領の宣誓は聖書に手を置いてやるしね(今もやってるのかな?)

それでも、アメリカはテロ以降、宗教についてとっても敏感になったみたいですが。

日本では、世界の宗教について、あんまり学校でも習わなかった気がするけど、今もそうなのかしら?
私の個人的意見だけど、もう少し世界の宗教について勉強した方が良いかなぁと思ってます。
特に、宗教によっての慣習と服装、食事なんかは大事かも。

人によっては、信仰自体が自分のアイデンティティになってる場合もあるし、こちらが普通に接していても、何かの行為が宗教的にタブーだったりすることもあると思うし。
海外で生活するのは、知らないよりはある程度知っていた方が良いと思うことの一つです。

宗教によって、色んな神様がいて、色んな教えがあって、色んな戒律があります。

私が出た学校はたまたま仏教学校で、授業で宗教なんていうのがありました。
自分が何かを信仰するというより、世界にはたくさんの宗教があって、たくさんの教えが存在していることに興味を持ちました。

アメリカに来て、それがちょっとだけ、この国を理解するのに役立ったのかも。
ま、その宗教特有の格好などをしている人を見て、ビックリしない程度だけど(笑)
[PR]
by hanabusa-yoshi | 2008-02-13 05:27 | boston

忍耐強いアメリカ人?

さてワタクシ、ボストンに引っ越してきてもうすぐ1年になります。

この1年、お友達にも恵まれたし、意外にも大きなトラブルもなく、危険にさらされることも、命を狙われることもなく(当たり前)、日本のいるときよりもかなりお気楽に過ごしております。
ありがたいですね~。

そんな中でも、日米の文化の違いというのを肌で感じています。
それでも長く暮らしてれば、それが普通に当たり前になってくると思うし、その違いも気にならなくなるのかな?と思いますが、ちょうど1年だし新鮮さが残るうちに書いておこうと思います。

アメリカに来た日本人の多くが口にする、日米の違いはサービスなんじゃないでしょうか。
えぇワタクシはっきり言えますが、日本のサービスは世界一です。
やりすぎっちゅうくらい、日本はサービスしてくれます。
電車のアナウンスから、スーパーのレジにいたるまで、本当にすごいです。
そのすごさは、アメリカに来て初めて知りました。

日本のサービスに慣れてると、アメリカだと最初は厳しいかもしれません。
レジのスタッフは、何かを飲みながら食べながら、はたまた携帯で話しながら仕事してます。
どれだけ、レジにお客さんの行列が出来たとしてもです(笑)
みんなマイペースです。

そしてもっと驚いたのは、そのレジに皆さん文句も言わずに辛抱強く並びます、待ちます
お客さん自体もゆるゆるなので、のんびり支払いをしています。
混んでれば30分くらいレジで待つのは普通です。

これ、日本だったらものすごく文句が出るでしょうね。

公共の場では、アメリカ人は非常に忍耐強いです。
スーパーでも並ぶけど、郵便局や役所でも並びます。
そんなときは、みんなお行儀がいいです。

アメリカは合理主義だと聞いてましたが、サービスに関しては決して合理的ではないようです。
でも、それが普通でそれがアメリカの文化なので、仕方がありません。

ワタクシ結構せっかちでしたけど、こちらに来てから気が長くなりました。
こういうことに怒っていると、いつもいつも怒ってなきゃいけないので、寿命が縮みます。
そんなわけで、きっとみんな忍耐強いんだろうなぁ。
私の場合ラッキーなことに、そんなに嫌な店員さんに出会ったこともないから、我慢できる範囲なんだと思います。

そんなアメリカ人なんだけど、車に乗ると豹変します。
ものすごいせっかちに変身します。
もう、本当に見事にせっかち君に大変身です。
前の車が青になって1秒でも出ないと、クラクション鳴らします。
鳴らさないと負けかのように鳴らします。
ウインカーも出しません、たぶんウィンカー出したら負けなんだと思います。


ってコレはたぶんボストンだけの話しみたいです。
他州では、そんなことないみたいです。
今日の英語の授業で先生が、ボストンのドライバーはMassholesと呼ばれているそうです(隠語が含まれているので、わかる人だけ笑ってください)

車の中ってある意味、個人的な空間で自分の意思で動かしているから、自分の思い通りにならないとイライラするのかしらね。
でも、なんでボストンはこんなにみんな運転荒いのかしら?

カナリの確立で事故を起こしている車を見かけますが、我が家はそんな目に合わなくてすんでいるので、コレは本当に感謝します!

そんなわけで、アメリカ人は忍耐強いのか忍耐強くないのか、いまいち分かりません。
でも、それがアメリカ文化なのかもしれません。
それに私が見た中では、レジや車などでは人種関係なくそんな感じのように見えます。

ま、逆にアメリカ人が日本人を見たら、非常に奇妙な人種に見えるでしょうから、お互い様ですな。

この日米文化の違いに対する考察は、今後もちょっと続きます。

ココに書いてある内容は、はなぶさの独断と偏見を元にしていますので、ご了承くださいませ。
[PR]
by hanabusa-yoshi | 2008-02-12 08:47

晴れたけど寒い

f0115921_5195855.jpg

ただいま15時、外の気温マイナス4℃、だけど体感気温はマイナス12℃。
風が強いと、実際の気温よりも体感気温がすごく下がる。

こんな日は外に出ないんだけど、今日は朝から英語があって外に出た。

風が強い!さむーい!(-_-メ)


朝はマイナス10℃くらいだったから、体感気温は何度くらいだったんだろう。

今年の冬はボストンにしては結構あったかいみたいだけど、東京育ちの軟弱者にはやっぱり寒いです・・・。
晴れると日差しは暖かそうなんだけどね~。

曇りとか天気が悪い方が暖かいと思うわ。
晴れると放射冷却だっけ?の影響で寒いのよね。
去年は、私が来てから晴天の日が続いたけど、3月でも寒かったなぁ。

帽子をかぶらないと、頭が冷えて頭蓋骨が収縮するのか、頭痛がしてくる。
日中でもマイナスの日は、家の中で毛布に包まってぬくぬくしているのが一番だわ。

私、北海道には住めないと思う、うん。
[PR]
by hanabusa-yoshi | 2008-02-12 05:28 | boston