ぼちぼちつぶやきます。


by hanabusa-yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アメリカの卵

こちらに来てから、アメリカの卵は生で食べない方が良いと聞いていたので、生では食べてなかったけど、今日お友達となぜだ?という話しになりました。

サルモネラ菌にやられないため、というのが建前だけど、日本の卵だってその危険性はある。
じゃぁ、アメリカの卵は本当に生で食べられないのか?

色々とネットで調べた結果、どうも新鮮だったら平気みたい。
どっかのサイトでは、魚を生で食べる勇気があるなら、卵は平気だって書いてあった(笑)

どうやら、80年代にペンシルバニア州で、大規模なサルモネラ菌の食中毒が発生してから、生は危険、ということになったらしい。
だけど、それ以降、鶏に対してワクチン接種などを行っていて、サルモネラ菌の発生は2万個に1個ということ。
日本では、1万個に1個だから、もしかして日本より安全!?

アメリカのスーパーでは、卵のほとんどは冷蔵販売。
逆に日本は常温販売。
菌の発生は、温度が低い方が抑えられる。

ということで、なーんだ平気なんじゃん、という私独自の判断だけど、気をつけなきゃいけないのは、その鮮度。

アメリカってカナリの確立で、痛んでるもの売ってますからね~(^_^;)
野菜も良く見ないと、痛んでるものもあるし。

なので、生卵にする場合は、卵の生産日を必ずチェックすること、そして買ってきたばかりの生卵を食べることが大事。
アメリカの卵の消費期限は、日本の倍近くあります。
これは調理をするという前提での期限。
日本の場合は、生食を前提にしている期限。

とは言え、ワタクシの勝手な申し分なので、各自自己責任でお願いしまっす。

心配な方は、沸騰したお湯に1分ほどつけて殺菌する方法も紹介されてました。
サルモネラ菌は、カラについてことが多いので。

あと、買って来た卵を、洗ってしまうのは避けてくださいね。
洗っちゃうと、殻のバリア機能がなくなって、雑菌が中に入り込みやすくなります。
使う直前に洗うのはOKです。
↑の情報は、栄養学校でも習いました。


アメリカは、日本に比べて、菌に対して敏感なお国柄。
同じ理由で、トイレの便座カバーも嫌います。

豚肉も菌があるからと、アメリカ人には不人気でございます(宗教上の理由もあり)
良く焼けば、そんな心配はないのだけどね。

生の卵を食べる習慣があるのは、日本人と韓国人くらい。
アメリカ人から見たら、正気の沙汰ではないのかもしれませんね(笑)

とにかく生で食べるときは、各自のご判断で。

ワタクシは、オーガニックの新鮮なものを探そうと思います☆
やっぱ、納豆に生卵入れたいじゃん。

あと、目玉焼きも少し半熟くらいなら平気な気がしてきた。


何度も申しますが、これは私の一意見なので、自己責任の範疇でお願いしまーす☆
もし、食中毒になっても、この場合は、生で食べた方が悪い、ということになりますのでね^^
[PR]
by hanabusa-yoshi | 2007-05-12 12:24 | boston